アメコミヒーローの倫理学

CAPTAIN AMERICA vs. MR. FANTASTIC

更新日:

キャプテン・アメリカ

不健康で痩せ細った孤児であったが
軍の人体実験によって
スーパーソルジャーとなったスティーブ

マーベル・ユニバースの道徳的指標であり
他のヒーロー達の心の純粋さと良心を
測る基準だと言われている

仕事が全ての雄弁家であり
高い理想のため
どこか偽善的で、古臭く、面白みに欠ける

勤勉さや忠誠心、誠実さや隣人愛を体現する
時代遅れな自由の番人

“I don’t want to kill anyone. I don’t like bullies; I don’t care where they’re from.” 

“The price of freedom is high. It always has been. And it’s a price I’m willing to pay. And if I’m the only one, then so be it.” 

"I cannot represent the American Government; the President does that. I must represent the American people."

ミスター・ファンタスティック

宇宙線を浴びたことによって
身体が自由に伸びる能力を持つリード

マーベル・ユニバースで最も賢い人物として
広く認められている天才科学者

難解な言葉で話し
人々からの孤立を好む

冷淡で打ち解けにくく
利益や情熱から距離をとる

彼のスーパーヒーロー的活動は
知識の探求に比べれば二次的であり
リードの道徳は月並み
彼の基盤は家族や友人である

"You need to control yourself, and think before you act."

さて勝者は

-アメコミヒーローの倫理学

Copyright© Yu-sukeのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.