名画を見る眼

フローラ

更新日:

レンブラント「フローラ」
―明暗のなかの女神―

レンブラントの絵が
特に好きな訳では無いけど

ボッティチェルリのフローラように
満身に華麗なでもなく
ティツィアーノのフローラのように
豊麗な官能性でもなく

黒く塗りつぶされた背景
花に「飾られていない」質素な花の女神
これを描く美的センスに共感した

派手で豪華絢爛なものも好きやけど
金掛けて着飾ったら誰でも綺麗になるの
当たり前やん
金も地位も名誉も全て失った時にこそ
その人間の価値が表れるものだと思うし
闇に咲く一輪の花
これこそ芸術だと思う

-名画を見る眼

Copyright© Yu-sukeのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.