未分類

「パンセ」雑感

更新日:



                               小林秀雄

       「作家の顔」

    パスカルの「パンセ」について




「人間は考える葦である」

人間は、自然の威力には

葦の様に一とたまりもないものだが

考える力がある

これが一般的な解釈であろう

小林秀雄の解釈は趣深い

「考えを進めて行くにつれて

人間がだんだん葦でなくなって来る

様な気がしてくる

そういう考え方は、全く不正であり

愚鈍である

パスカルはそう言ったのだ。」

どれだけ全能感を感じていようが

全ての人間は葦に過ぎない

「哲学をばかにすることこそ

真に哲学することである。」

パンセ

実生活で正しいと思っていること

学問でさえも「精神に属している」

全てこうに違いないという

不安定なブロックの積み重ねに過ぎない

コペルニクス的転回は誰もが正しいと

確信していることにすら起こりうる

-未分類

Copyright© Yu-sukeのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.