「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」 一覧

no image

conclusion

道徳的に真に排斥すべきであるのはとりわけその所有のうえに休息することで富の享楽によって怠惰や肉の欲なかんずく「聖潔な」生活への努力から離れるような結果がもたらされることなのだ 遊技はただ合理的な目的つ ...

no image

世俗内的禁欲

一般に想像される欲望を全て抑えた絶食する苦行僧のような非行動的禁欲ではなく 目標達成のために行動様式を合理化する行動的禁欲 本文の言葉を引用すると恩恵の地位を保持するために生活を方法的に統制しそのなか ...

no image

ルッターの天職観念

天職(Beruf)神に喜ばれる生活を営む手段は一つ各人の世俗内的義務の遂行でありこれこそ神から与えられた「召命」 今回は近代資本主義勃興における重要なキーワードとして天職という観念が解説されている 無 ...

no image

資本主義の精神

近世ヨーロッパにおいて資本主義経済の萌芽の原動力となった人々の内面における精神である「資本主義の精神」 フェルナンド・キュルンベルガー『アメリカ文化の姿』におけるベンジャミン・フランクリンの弁舌が「資 ...

no image

信仰と社会層分化

さまざまな種類の信仰が混在している地方の職業統計に目をとおすと通常つぎのような現象が見出される 近代的企業における資本所有や企業家についてみてもあるいはまた上層の熟練労働者層とくに技術的あるいは商人的 ...

no image

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』

『日本思想史』第12章で紹介されていたので今回はこの書籍 内容が重層的で難解なのは周知のとおりなので まず訳者の解説にのみ目を通してみた勿論、おおまかな内容しか理解する事は出来ないが 面白い。 これが ...

Copyright© Yu-sukeのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.