数学する精神

数学の美しさ

投稿日:





数学の美しさとは何か?




数学の問題を考える際
まず「答え=真理」を
知る、予想することを
求められる場合が多い

その手段は往々にして
非論理的であり
感覚的であり
直感的である

「長年のカン」が
ものを言うこともあるが
しいて言えば
最も「美しい」ものこそ「答え」
ではないかという感覚がある

無理矢理一言で言えば
・整合的であること

数学の「鑑賞」においての
美しさを列挙してみると

・シンプルであること
・普遍的であること
・背景に奥深さを感じさせること
・意外であること
・「流れ」を感じさせること

数学の論文や証明を読むと
バッハやワグナーの鑑賞時に
よく似た心象が浮かび
何か心地がよい

これが著者にとっての美だという






あなたにとっての美とは何?


何故、その対象に美を感じるのだろうか?


https://iron-soliloquy.com/category/美学への手引き/

-数学する精神

Copyright© Yu-sukeのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.