日本文化をよむ

日本文化をよむ

更新日:

松尾芭蕉『笈の小文』



西行の和歌における

宗祇の連歌における

雪舟の絵における

利休の茶における

其の貫道する物は一なり

しかも風雅におけるもの

造化にしたがひて四時を友となす

見る処花にあらずといふ事なし

おもふ所月にあらずといふ事なし

像花にあらざる時は夷狄にひとし

心花にあらざる時は鳥獣に類す

夷狄を出て

鳥獣を離れて

造花にしたがひ

造化にかへれとなり



移り変わる自然の変化にみずからを
委ねるとき
見えるものすべてが花となり
思い浮かべるものすべてが月となる
もし見るものが花ではなく
思い浮かべるものが月でないとすれば
それはいまだ詩歌の心を知らない野蛮な人
であることを示している

「序ー日本文化の自画像を描く」より抜粋

-日本文化をよむ

Copyright© Yu-sukeのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.