芸術人類学講義

Standing on the shoulders of Giants

更新日:




シャルトルのベルナルドゥスは
われわれはまるで巨人の肩に座った
矮人のようなものだと語っていた
すなわち、彼によれば
われわれは巨人よりも多くの
より遠くにあるものを
見ることができるが
それは自分の視覚の鋭さや
身体の卓越性のゆえではなく
むしろ巨人の大きさゆえに
高いところに持ち上げられているからである

「メタロギコン」第三巻、第四章


巨人
人類史、昨日までの人類が
「見てきたもの」


矮人
現代人、巨人の肩に乗る小さきヒトが
「今こそ見えるもの」


-芸術人類学講義

Copyright© Yu-sukeのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.