続名画を見る眼

抽象絵画

更新日:




カンディンスキー「印象・第3番」


「自分の絵にとっては、客観性とか
何かある対象の描写ということは
不必要であるばかりか
むしろ邪魔になるものだ」


人物にしても
都市にしても
風景にしても


その対象に対しての知識
観察する位置
自身の心理状態
によって印象は大きく異なる


抽象絵画


カンディンスキーは色
セザンヌは円
モンドリアンは線


それぞれの道具を用いて
対象そのものの外見ではなく
心の内にある対象のイメージを
キャンバスに具現化する


-続名画を見る眼

Copyright© Yu-sukeのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.