続名画を見る眼

Munch 「The Scream」

更新日:




「私は2人の友人と歩道を歩いていた
太陽は沈みかけていた
突然、空が血の赤色に変わった
私は立ち止まり
酷い疲れを感じて柵に寄り掛かった
それは炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと
町並みに被さるようであった
友人は歩き続けたが
私はそこに立ち尽くしたまま不安に震え
戦っていた。そして私は
自然を貫く果てしない叫びを聴いた」


この「叫び」は
描かれた「人物」の叫びではなく
「自然」の叫びである


背景としての自然でも
嵐や吹雪、雷鳴など
理解し得る自然の恐怖でもなく


成長への恐怖
死への恐怖
人間への恐怖


目に見えぬ生命への不安


幼い頃に母も姉も失い
医師として働く父の元を訪れる人々の
不幸や病を目の当たりにしてきた


「病と狂気と死が、私の揺りかごを見守る黒い天使たちだった」

 

-続名画を見る眼

Copyright© Yu-sukeのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.