未分類

ロボットの命乞い

投稿日:

第3章 ダニエル・C・デネット
哲学者/認知科学者

「もし昆虫ロボットが
血のような液体を流しながら
悲哀を込めて命乞いをした場合
果たしてそのロボットをハンマーで
叩きつぶすことができるか」
「動物マークⅢの魂」テレル・ミダーナー

「自由意志」とはセルフコントロール
「自由意志」の理解には
「因果性」と「制御」との区別の認識が必要
※因果性(原因と結果とが関連している)

ひらひら舞い落ちる葉っぱ:因果性のみ
ドローン:因果性と制御

制御こそが「自由意志」の本質
他人の操り人形にならないように
しなければならない

ロボットが自己修復、自己増殖
エネルギーの自己獲得ができるようになれば
「生きている」と呼べるでしょう

こういう発言気になってしまうんよね
「意識」の話や
機械は「思考」できるか等
言葉の定義が曖昧なものに対して
議論を展開するのはわかるけど。。

まぁ、簡単な言葉でも人それぞれ
思い浮かべるもの違うしね

世界は「理解していないけれど能力がある」
現象で回っている

などその他の話もなかなか面白かった

-未分類

Copyright© Yu-sukeのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.